オイシックスとの比較

「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」の放射能に対する取り組み比較

投稿日:

誰もが気になる放射性物質と食の問題。能天気な私も含め、少し平和ボケしている昨今の日本。マスコミも段々に「放射能問題」を報じなくなりました。でも原発の放射能漏れは終結に向かっているのでしょうか?どう考えても私にはそのように感じられません。

とは言え、自分自身はもちろんの事、お子さんのいるご家庭などは「食の安全と放射能問題」は気にしないわけがありません。そこでら「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」、両方の食材宅配を愛用している私が、今回は「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」それぞれの放射性物質に対する取り組みを比較してみようと思います。

現在「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」、、、どちらの食材宅配をやろうかな?っと考えている方は是非「放射性物質に対する取り組み」も視野に是非検討してみてください(ちなみに私は、東都生協→コープデリと来て、、、現在はオイシックスとらでぃっしゅぼーやの2つ使いになりました。)

 

「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」と国の放射性セシウム出荷基準値

まず国の放射性セシウム出荷基準値と、らでぃっしゅぼーや、オイシックスをそれぞれ比べてみましょう。

*オイシックスの検出限界は概ね5~10Bq/kgです
*らでぃっしゅぼーやの検出限界は概ね 1~3Bq/kgです

そもそも国は設定している、値の根拠も怪しいですが。本当に安全なのか。。。
人によっては、乳児用品の50Bq/kgもありえない、、、と書いておりました。。。

らでぃっしゅぼーや オイシックス
飲料水(飲用茶) 10 不検出 10
牛乳 50 不検出 50
乳児用品 50 不検出 50
100 不検出 100
葉物、果菜類、米 100 100
乳製品、飲料 100 10 100
果物、根菜、きのこ
加工食品、魚・海藻、肉
100 50  100

「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」の両者を比べると、明らかにらいでぃっしゅぼーやの方が放射性物質の取り組みに真剣に取り組んでいるのが一目瞭然です。

らでぃっしゅぼーやは放射性セシウム出荷基準値よりさらに低い数値の自主規制値を設けている点も素晴らしいです。

はじめてみよう!らでぃっしゅぼーや♪

オイシックスも頑張っている!?

上記の説明だけをみると、放射性物質に対する取り組みは、らでぃっしゅぼーやが圧勝なのですが、オイシックスは「グリーンチェック」と言った商品カテゴリーがあって、こちらの中から野菜を選べば放射性セシウム➡︎不検出のものを選べるようになっています。

また野菜以外のお肉やお魚やお魚も「グリーンチェック」マークがついていれば放射性セシウム➡︎不検出となっていますので、安心です。

スクリーンショット 2017-07-07 10.48.39

ただ、ここでも再確認ですが、放射性セシウム➡︎不検出の基準自体が

オイシックスの検出限界は概ね➡︎5~10Bq/kg
らでぃっしゅぼーやの検出限界は概ね➡︎1~3Bq/kg

ですので、やっぱりらでぃっしゅぼーやの方が放射性物質に対する取り組みについては意識が高いです。

ただ、私の個人的な意見では、オイシックスの方が色々な目新しい食品や、食材が多いので、商品をみていて正直楽しいです。また近所では売っていないようなデパ地下食材もかえるので、飲兵衛の私にはありがたい上に、かなり魅力的。なので、大人の方にはオイシックスもおすすめです。

はじめてみようオイシックス♪

自分でも放射性物質の含まれやすい食材を頭に入れておく

らしっしゅぼーやのHPの放射性物質検査体制のページにとてもわかりやすい図がありました。

スクリーンショット 2017-07-07 11.25.17

上記の図を見ると、きのこ、山菜項目での放射性物質の検出が多いことがわかります。なのでお子さんのいるご家庭では、そもそもきのこ、山菜などの食べ過ぎは注意した方が良いかもしれません。

またらでぃっしゅぼーやでは下記のとおり、地域別データをしっかり重ねた結果、青果全品目で5年連続「不検出」の地域が現れてくるなど、放射性物質を取り巻く状況は年々変わってきていることがわかり、地域と品目別データ、品目ベースで「不検出」が続いて出ているケースは、明らかに検出され続けている品目をより重点的に回数を増やし、不検出が出ている品目については、回数を減らすことで、効果的な検査体制を目指したいと考えているそうです。

スクリーンショット 2017-07-07 11.27.15

スクリーンショット 2017-07-07 11.27.24

ちょっと↑東京の検査数が少ない気もしないでもないですが、こうやってちゃんと検査をしてくれることで、風評を気にせずに購入出来ますので、しっかり丁寧に消費者に向けて放射性物質検査報告をすることは本当に大切だと思います。


まとめ

「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」の放射性物質に対する取り組み比較してみました。私自身もこんなに隅々と両者の放射性物質に対する取り組みを読んだのは初めてで、正直勉強になりました。

総合的に「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」の放射性物質に対する取り組みを比較した結果まず言えるのが、

らでぃっしゅぼーや→販売しているすべての食材に対して放射性物質に対する取り組みをしている
オイシックス→放射性物質に対する取り組みをしている商品カテゴーリ欄がある。また放射性セシウム不検出の商品にはグリーンチェックマークがついている。

その結果から、、、
お子様のいる家庭や、放射能について意識が高い人→らでぃっしゅぼーや
ある程度放射能について意識はするが、バラエティーに飛んだ商品を楽しみたい→オイシックスがいいのではないかと思います。

子供のいる私自身はお野菜、お肉お魚はらでぃっしゅぼーやをメインにしていて、その他の商品はオイシックスで購入しています。が今回調査をした結果、、、牛乳など他の商品もらでぃっしゅに移行しようかな、、、と考えています。

現在「らでぃっしゅぼーや」と「オイシックス」、、、どちらの食材宅配をやろうかな?と検討中の方が、今回比較した、放射性物質に対する取り組みも決めての一つとして参考になれれば嬉しいです。

はじめてみよう!らでぃっしゅぼーや♪
こちら




-オイシックスとの比較

Copyright© らでぃっしゅぼーや日記 , 2021 AllRights Reserved.